乾燥性敏感肌の原因

では、なぜ乾燥性敏感肌になるのでしょうか?
その原因は皮膚中のセラミドにあります。
セラミドには主に2つの役割をしています。
一つは皮膚中に存在して水分を保つ働きです。
もう一つは、皮膚中に存在して外から入ってくるものをバリアーしている働きをしています。
乾燥性敏感肌の人は、このセラミドが減少してしまっているのです。
そのせいで、皮膚中の水分が減少して乾いてしまい、カサカサになってしまったりしますP-。
そして外からの刺激にも敏感に反応してしまう結果になってしまうのです。
つまり、乾燥と敏感が両方同時に起こるわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク